ご入居者様の声 ご入居者様の声 ご入居者様の声

「中楽坊」のご入居者様の声をご紹介します。 「中楽坊」のご入居者様の声をご紹介します。

新型コロナウィルスにも、
安心できたスタッフや
入居者の方々の存在のありがたさ。

<70代女性>

70歳代女性
※中楽坊のご入居者様

新型コロナウィルスの感染拡大がありました。
前の家なら、怖かったとだろうと思います。
家に居ればいいというものではなく、
買い物に出る必要もあるし、
マスクや食べ物がなくなったらとか・・。
外出の自粛は分りますが、年寄りですからすぐに体がなまり、
硬く・細くなります。
食欲や気持ちの活力も低下します。
熱が出たら、もし感染したら、こんな時、もしものことがあったらと心配です。
でも、中楽坊に住み替えていたので、
そんな心配は何分の一、何十分の一になったと
思います。

移動スーパーが来てくれていて、買い物も出かけずにいい。
万が一があったら、ライフアテンダントの方に相談できます。
何よりも、ここにいる多くの入居者の方々と毎日の挨拶、
声掛けがあれば頑張れます。

ここが、コロナなどの感染症にも安心な「家」だったとは。
なんて幸運な私だろうと、今回つくづくと感じた次第です。

日々の健康を支えてくれるのは
規則正しい「食事」。
それが満たされる安心感。

<80代男性>

80歳代男性
※中楽坊のご入居者様

長年連れ添った妻を亡くし、一人になりました
日本の成長期を企業戦士として猛烈に働いて 生きてきたので、
それなりに充分な収入があり
広い自宅も手に入れて
定年後は悠々自適なシニアライフが始まりました。
将棋や囲碁など大好きな趣味があり、ようやくこれからは
ゆっくりと趣味を楽しめる、
そう思っていました。
ところが、妻に先立たれてしまった。――――
感情的な寂しさはもちろんのこと、これまでの生活がガラリと変わり、何もかも
一人でやらなければならなくなってしまったのです。
食事の用意、洗濯、掃除。何もかも、自分が動かないと前に進みません。
高齢になってからのその負担は想像以上に大きくて茫然としてしまいました。
そんなときに、友人が教えてくれたのが中楽坊という存在でした。
妻を失った後心配してくれていた
子どもたちの賛成もあって、
すぐに移住を決断。
規則正しく栄養価の高い食事を摂れるという 安心感
に加えて、新たな人間関係にも恵まれました。

夜、安心してぐっすり眠れる幸せ。

<70代男性>

70歳代男性
※中楽坊のご入居者様

中楽坊に引っ越してくる前は、
一軒家に一人で住んでいたので、
夜になるとなんだか怖いなと思うこともありました。
庭も広くてお隣と離れているので、
押し売りや不審者の侵入などにも常におびえていたように思います。
今は、そんな心配は一切なく、毎晩安心して眠れるのが何よりうれしいです。
また、駅や病院、スーパーまでが遠くて
車で動くことがほとんどでした。
運転ができるので、特に不自由を感じたことはありませんでしたが、
歳を取って運転をやめた今となっては、
もう以前の住まいには戻れません。

離れて住む子供たちが「このマンションなら安心だ」と言ってくれることにもうれしさを感じます。